上野・寛永寺(天璋院篤姫の眠るお寺)

〜上野・寛永寺にて天璋院篤姫を偲びませんか〜

説明
 東京都台東区上野桜木一丁目にある天台宗関東総本山の寺院で、徳川将軍家の祈祷所・菩提寺であり、13代将軍徳川家定の御台所天璋院篤姫も家定とともにこのお寺に眠る(徳川幕府の歴代将軍15人のうち6人がここ寛永寺に眠っている)。
 本寺は、寛永2年(1625年)、3代将軍徳川家光の時に建立され、この年が寛永寺の創立年とされている。当時の年号をとって寺号を「寛永寺」とし、京都の鬼門(北東)を守る比叡山に対して、「東の比叡山」という意味で山号を「東叡山」とし、東叡山寛永寺円頓院と号する。
 また、寺号に年号を付しているのは延暦寺・建長寺・仁和寺・寛永寺の四寺のみで、勅許を得て号することが出来るとのこと。
 開基(創立者)は徳川家光、開山(初代住職)は天海、本尊は薬師如来(重要文化財)である。
 江戸末期までは、寺域約120万平方メートル(上野公園の約2倍)という徳川将軍家ゆかりの寺にふさわしい偉容を誇り、大小百近い寺院や荘厳な堂塔伽藍が建っていたが、戊辰の彰義隊の戦いでそのほとんどを焼失してしまい、また、明治政府の命令で境内も大幅に縮小され現在では江戸時代の十分の一となっている。


Top

(C)上野・寛永寺(天璋院篤姫の眠るお寺)