上野・寛永寺(天璋院篤姫の眠るお寺)

〜上野・寛永寺にて天璋院篤姫を偲びませんか〜

説明
 大奥を束ね、徳川の最後を見守った薩摩の才女「天璋院篤姫」も夫・13代将軍徳川家定とともにこの寺に眠る(天保6年12月19日(1836年2月5日) - 明治16年(1883年)11月20日)。
13代将軍徳川家定の御台所である「天璋院篤姫」は、実父は薩摩藩々主島津家の一門・今和泉領主・島津忠剛。母は島津久丙の娘・お幸。
幼名・一(かつ)。本家当主で従兄弟の島津家第28代当主島津斉彬の養女になり源 篤子(みなもと の あつこ)に改名。嘉永6年(1853)鹿児島を発ち、右大臣・近衛忠煕の養女となった際には藤原 敬子(ふじわら の すみこ)と改名した。
 近衛家の娘として徳川家に嫁ぎ江戸幕府13代将軍徳川家定御台所(正室、継室)となる。
しかし、一年半後の安政5年(1858)7月に家定が35歳で亡くなり、篤子は落飾して天璋院と号し、その後、前将軍の妻として大奥を仕切る。
 慶応3年(1867年)に慶喜が大政奉還を行い、江戸城の無血開城の際には、篤子は島津家に、和宮(皇女・14代将軍家茂正室)は朝廷に嘆願して、徳川家救済や慶喜の助命に尽力した。
晩年は自分の所持金を切り詰めてでも元大奥の者の就職や縁組に奔走していたため、死に際しての所持金はたった3円(現代の6万円程度)しかなかったという。
明治16年(1883年)に東京の一橋邸で死去、享年48。
 徳川家第16代当主家達(いえさと)を育てあげたのも天璋院といわれ、本寛永寺に夫・家定の墓と並んで埋葬され、現在でも徳川家に大切にされているという。
 戒名は、天璋院殿敬順貞静大姉。


Top

(C)上野・寛永寺(天璋院篤姫の眠るお寺)